楽器

電子ピアノの選び方・おすすめ紹介【ランキング】

電子ピアノの価格

電子ピアノの価格は15万円~20万円が相場です。
10万円ならお手頃、30万円以上なら上位機種と判断して良いと思います。

価格に関しては、これから本当にピアノを続けていく気があるのであれば、初期投資はケチらない方が良いと思います。

その後のモチベーションなどに関わってくるというのもありますし、値段が高くなるとついている機能も変わってきたりします。

自分に合ったピアノが一番だよと言いたい気持ちもありますが、やはり正直な所お値段がそれなりのピアノはそれなりに良いピアノです。

価格の差は何?

電子ピアノを選ぶとき「高いピアノは何が違うのだろう」と、こんな疑問はきっと浮かぶはずです。

その差に関わってくる点を何点か上げてみたいと思います。

内臓音源の質・数

内臓されている「音色」も価格にも影響します。
価格が高い電子ピアノには内臓されている「音色」が多かったり、当たり前ですがその音の質が良かったりします。

その他に、今の電子ピアノは「デモ楽曲」が内臓されています。価格が高い電子ピアノはこの数が多かったりします。

さらにデモ楽曲を使って、ピアノのレッスンまでしてくれる「ガイド機能」が付いている機種もあります。そうなってくると価格も上がってきます。

スピーカーの質・数

スピーカーの質が良くなると、音も良くなるのはわかると思います。
それから、スピーカーの個数もまた、良い電子ピアノを決めるのに大事な要素になってきます。

個数が増えると、スピーカーを複数の位置に設置することが可能になり、音が立体的に聞こえるようになります。
だいたいスピーカーの個数は2つが多いですが、上位機種になると4つ6つと増えていきます。
数が多いと多方から音が聞こえてくるので音の広がりを楽しめます。
なのでスピーカーの個数は多い方が弾いていて楽しいです。

鍵盤の質・構造

アクション構造は弾きごたえに関わってくる部分です。
値段が高くなるほどアコースティックピアノに近い構造になります。

鍵盤は樹脂製の方が安価ですが、タッチが軽くなります。
木製になると値段も上がりますが、タッチが重くなり生のピアノに近づきます。

余談になりますが、樹脂製の中にも象牙調という加工があります。

これはさわり心地が良く、指馴染みが良い。撥水性があり手汗にも強い。吸音性もあり、打鍵時に爪などが当たってもノイズが少ない…などの特徴があります。上位モデルによく見られる加工です。

出力数

出力数とはW(ワット)で表現され、音圧に関わる単位です。

同じ音でも出力数が大きい方が音に迫力が出ます。迫力というのは、音の細部までギュッと凝縮されたイメージになります。

例えば、音が大きく出たり、細かい音もしっかりスピーカーから出てくるカンジです。

鍵盤のタッチ

鍵盤のタッチについては、当たり前ですが、上位モデルほど鍵盤に内蔵されてあるタッチのセンサーが良くなります。
素早く連打した時など、打鍵に反応できますし、強弱の変化もつけやすいです。

日本の主な電子ピアノメーカー

日本の電子ピアノ業界は、YAMAHA』・『KAWAI』・『Rolandの主に3社で競っています。
続いてCASIO・KORGさんも電子ピアノをぼちぼち出しています。ですが、どちらかというとキーボードが主戦力になっています。

電子ピアノをメーカーで選ぶことはないと思いますが、各社それぞれ特徴があるので、それぞれの特徴をシンプルにまとめてみたいと思います。

電子ピアノはあくまで自分で弾いてみて良いと思ったものを選ぶのが一番です。しかし、各社の特徴はありますので、選ぶときに参考にしてもらえると幸いです。

YAMAHA

日本の楽器メーカーの最大手です。電子ピアノだけでなく、「音楽」に関わる事なら何でも扱っている印象です。

個人的には、YAMAHAさんは3歳児ランドの時からお世話になっているので、思い入れの強い会社ではあります。

常に最先端の技術を取り入れるのもYAMAHA。新作が出る度、機能が更新されていてどこかしら変化があるので(働いていた時は覚えるのが大変だった)素直に素晴らしいと思います。
時代に応じて改良されています。見た目もスタイリッシュ。

トータルで1番バランスがとれているのは、やっぱりYAMAHAだと思います。
特にピアノに関しては欠点らしい欠点が見当たりません。こういう言い方は良くないと思いますが、とりあえず、ピアノの事がわからなければYAMAHAを選べば間違いないと思います。

鍵盤について

GH(グレードハンマー)鍵盤』と『NWX鍵盤』
GH(グレードハンマー)は樹脂製、NWX鍵盤になると木材が含まれるようになります。

いずれも感度が良く、連打も難なくできますし、弾き手の表現にも正確に応えてくれます。いずれも評判は良いです。何十年もの間、多くの人々に支持されていますので問題ない思います。

参照:YAMAHA公式HP Q&A「鍵盤の仕様の違いを知りたい」

KAWAI

90年間ピアノを作り続けている日本を代表するピアノ作りの匠です。
良くも悪くも「古き良き」を残しているのがKAWAIです。個人的にKAWAIは大好きです!

グランドピアノと同様のシーソー式の構造と、長い鍵盤を使用し支点距離を長くし、さらにカウンターウェイトを装備することで、よりグランドピアノに近い木製鍵盤を追求。
重めのタッチ感で、しっかり弾いてるなあという弾きごたえがあります。
個人的にこの鍵盤が好きです。

それから音も良いです。「生ピアノ」という点に関しては
ピアノ本来のアコースティックな響きがあり、
再現率が高いなあといつも驚かされます。

KAWAIの音は評価が様々です。落ち着いた懐かしい感じがする音。なので、高音でキラキラした音が好みの人からは否定的な意見を聞きます。

あとはペダル。
踏み込みは重く、徐々に軽くなっていく再現力は、他社の電子ピアノとはまた違う個性を感じます。とにかく生楽器に忠実です。
個人的にはそういう所も含めてKAWAIの良さを感じます。
単純に「ピアノ」を弾きたい人はKAWAIが良いと思います。

しかし、細かい部分でちょっとな、というあらっぽさがあるのも否めない。
例えば、操作パネルのデザインだったり、ボディにしろ「これ省略できなかったのかな…」と突っ込みたくなる部分がちょくちょくあったり。

鍵盤がちょっと太くないかな?角ばっていたり滑らかさが無いよな、とか。
手の小さい子供なんか、指かさばったりぶつけたりしないだろうか、と気になったりします。

(これは、今の鍵盤楽器が弾き易さを追求し細くて軽いが主流になってきたような時代の変化も関係すると思ったりする。)

まあ逆に、アコースティックピアノなんて、大体が電子ピアノほど親切ではない。鍵盤も重いし弾きづらいものだから、KAWAIの電子ピアノで弾けるようになっていた方が実際にアコースティックピアノを弾く機会があったとき実戦で生かせるだろうという気もします。

ちなみにKAWAIのピアノはYOSHIKIも愛用してる。
あまり関係無いが。全面クリスタル製のピアノ。

鍵盤について

シーソー式鍵盤
これは基本的にグランドピアノと同じ構造です。
支点から遠い場所を押すと軽く、支点から近い場所を押せば重くなります。テコの原理。鍵盤を押した後の戻りも自然な感じがします。

参照:KAWAIデジタルピアノCA98

Roland

Rolandは電子楽器専門のメーカーです。生のピアノは製造していません。しかし、その技術は素晴らしく、内臓音の種類(音色数)、スピーカー出力数は他のメーカーより多いと思います。

音色だけでなく音の響きなどピアノ音の細かいも最新技術で調節可能なので、電子ピアノいえ、ピアノを弾く時の表現力も身についてくると思います。

また、デザインもお洒落。
電子ピアノを選ぶとき「部屋のインテリアに合うか?」という点を重要視する方も多いと思います。
その点Rolandはデザインはかなり洗練されてます。最近では、家具メーカーとコラボ商品を出したりしました。良い意味で業界の常識を覆すような新しい試みをしてくれるのでユーザーとしても面白い。

Roland 「Kiyola KF-10」

そういえば、私が楽器屋で働いていた時Rolandを選んで買っていく人は沢山いました。実際試し弾きしてしっくりくるものがあったんだと思います。

鍵盤のタッチも軽く、精度も良くて音もキレイ。誰が弾いてもキレイに聴こえます。

とにかくRolandの電子ピアノは、強弱に対する反応が良いという声をよく聞きます。あとは音の良さです。

音に関しては、RolandからLXシリーズが出たとき、電子ピアノもここまできたかと思いました。
LX700シリーズから「モデリング音源」を採用。

モデリング音源とは?
録音された音をただ再生するのでなく、ピアノの音に含まれる成分を細かく分析し、ピアノの音がどうやって響くかという過程を最新技術でデジタル化したものです。

通常、電子ピアノは、
鍵盤を押すと内蔵されている音が出る仕組みになっています。
その音源は、生の楽器の音を録音したものを使います。

しかし、実際の生の楽器というのは複雑です。実際の音は、弦が触れ合い、共鳴したり、音がピアノ内部だ共鳴したりして1音1音違った個性があったりします。

そのピアノの各部が複雑に干渉して生まれる“生きたピアノ音”を再現したのが「モデリング音源」みたいなかんじです。

なので、強弱変化や音の消え方がとても自然です。
音の変わり方をはじめ、余韻や響き、演奏者のタッチに合わせて変化する音を見事に表現します。
つまり、モデリング音源とは、音色に変化をつけるなどサンプリング音源では限度があった部分を再現することに成功しました。

このモデリング音源を採用しているのはRolandだけです。

鍵盤について

ハイブリッド構造
木製と樹脂の2つの素材を使ったハイブリッド構造。木製の持つ生ピアノに近い弾き心地と樹脂の持つ耐久性、双方の良い所どりをした鍵盤です。

参考:Roland LX700 series

3社まとめ

YAMAHA 明るく・クリアな音。
KAWAI 温もりのある優しい音。低音と高音の差がはっきりしている。鍵盤のタッチが重め
Roland 音の表現力が高い。音色が豊富。強弱の変化がはっきりしている。

電子ピアノランキング【2019年版】

個人的に良いと思った電子ピアノを紹介します。予算は15万円~20万円の中で選びました。これから本格的にピアノを始めようと思っている方に向けて選びました。

1位 カワイ CA48

カワイ CA48

コスパが良く、電子とは思えないリアル感。鍵盤は木製で作られており、タッチは本当に素晴らしいです。鍵盤は押しごたえがあります。音域に関しても、低音も高音も濁らず音が出ます。20万以下でここまで生ピアノっぽいのは、これしか無いと思います。単純に、ピアノを一筋に楽しみたい人には満足してもらえると思います。

しかし、正直な所、全体的な音の迫力は物足りないかんじもします。他社が音のリアルさを再現しすぎ、求める水準が上がってしまったという所もあると思いますし、CA48の音が凄く悪いというわけではありません。普通です。

また、内臓の練習曲も「バイエル」「チェルニー」「ブルクミュラー」を網羅している点など、ピアノを習いたい人の要点を押さえているなという感じがします。
さらに、カワイの「レッスン機能」は、右手、左手パートを個別に再生したり、曲の一部分だけを繰り返したり、多彩な練習が可能です。
なので、ピアノを習い始めたお子さんには特に、上達を見込んでおすすめしたい1台です。

デザインも主張しないのでどんなインテリアにも合うと思います。色合いも素朴な黒・白・ナチュラルで、どれも木材の良さが出ています。

もし、お値段をもっと抑えたいならCN29も良いです。7万円くらい安くなります。これは鍵盤に樹脂が使用されてるなどの理由もあり値段は下がっていますが、この値段でこの使用感かよ、というくらい極上の弾き心地です。樹脂製いえど限りなく木製鍵盤に近い。CA48とそんな変わらないのでは?コスパは最高です。スピーカーも2個に減りますがそんな悪くないです。逆に内臓レッスン曲数が200曲に増えます。

2位 ヤマハ CLP-645

ヤマハ CLP-645

鍵盤は「NWX鍵盤」仕様。木材が含まれているので、弾き心地が生ピアノに近いです。音の鳴りも素晴らしく、余韻の響きに至るまで生ピアノに近いと思います。

デザインもシンプルでタッチパネルも操作しやすい。またレッスン曲が303曲内蔵されていますから、レッスンには申し分ありません。ヤマハのピアノには欠点らしい欠点が見つかりません。子供も大人もプロも初心者も誰でも楽しめると思います。

また、このシリーズには付属のヘッドフォンが付いてくるハズなんですが(今はどうかわからん)ヘッドフォンを装着してもまるで付けていないかのような自然な、奥行ある音質を体験できます。これが凄く良かった。

ちなみに、CLP-645のボディが黒色鏡面になったものがCLP-645PEになり、3万円くらい高くなります。
また、CLP-645のハイエンドモデルがCLP-675になり、鍵盤のタッチが少し重くなります。お値段を安く抑えたいならCLP-635というローエンドモデルもありますが、個人的に鍵盤の樹脂っぽい感じが気になりました。

3位 ローランド HP704

ローランド HP704

電子で出来る事を極めたようなピアノです。音源は「スーパーナチュラルピアノ・モデリング音源」を採用。さらに同時発音数は無制限なので、かなり自由な演奏を楽しめます。

鍵盤のタッチは100段階で調節可能。また、スピーカーの中に更にスピーカーが入っている構造になっているので、共鳴音や反響音も再現出来るようになっています。

もしお値段を抑えたいならHP702というモデルもあります。これはHP704と鍵盤の構造が少し違うだけで、基本的な機能は一緒です。しかし、スピーカーの個数も2個になるので物足りない感じもしなくはないです。

また内臓曲も、バイエル、ブルクミュラー、ツェルニー100番に加えて「スケール練習」「ハノン」も網羅。加えてポップスやジャズの名曲なども入っており、合計402曲のデモ曲を楽しめます。

さらにRolandが出しているスマホアプリと連動すれば、スマホやタブレットで、402ある内臓曲の楽譜が読め、さらにアプリでレッスン指導もしてくれるので教室通わなくてもレッスンできちゃうんじゃないかな、という勢いです。

ガジェットに強い人ポップス系を弾きたい人はRolandがピッタリだとお思います。

参考:Roland「Piano Every Day」

CASIOとKORGの電子ピアノについて

CASIO・KORGは、そもそも電子ピアノ製品はそんなに発売していない印象です。
10万円以下の低価格帯で名品を出してますね。デザインもスタイリッシュなので、大人の人で、趣味で、気軽に鍵盤楽器を始めてみたい、という人に人気があるかんじがします。

KORG C1 Air

同社のシンセサイザーで培ってきた鍵盤技術が、鍵盤に惜しみなく発揮されている感じです。重みがあってしっかり弾けます。
また、スピーカーも出力数の合計50Wというパワフルな音質を確保しています。Bluetooth機能も対応してるので、スマホから曲を飛ばして、このスピーカーから再生することも可能です。

ボディもスリムで(奥行26㎝)、見た目もスタイリッシュ。リビングにおいても邪魔にならなそうです。
カラーバリエーションも豊富です。電子ピアノにはめずらしい赤まで取り扱っています。

音色は30音ありエフェクトもかけれます。50曲のレッスン曲を内蔵し、テンポのコントロールや、パート(右手、左手)別の再生にも対応しているので、片手ずつの練習や、苦手な部分のレッスンにも活用することができます。

ただ同時発音数が120音と少なめかなという感じはします。

CASIO Privia PX-770

音質・鍵盤・ペダルの感触ともにグランドピアノを追求したモデルです。60曲のデモ音源が内蔵されているだけでなく、その内蔵曲の右手(または左手)のメロディーを消し、そのパートを自分で弾いてレッスンできる「パートオン/オフ機能」までついている。初めての方でも安心して弾けます。

ヘッドホン端子も2個付きなので、2人で演奏することが可能。
夜中や集合住宅でも安心ですね。カジュアルにいろいろ楽しめそうなピアノです!

同時発音数は128音。音色数は19音になります。
この上位モデルがPX-870です。同時発音数が256に増えます。

試奏するときのポイント

繰り返しになりますが、電子ピアノを選ぶ時は、メーカーにこだわらず自分で弾いて良いと思ったものを選ぶのが一番です。

・低音から高音まで弾いてみる
・強弱をつけて弾いてみる
・和音を弾いてみる

以上の事をやれば、鍵盤の重さ音の鳴り方鍵盤の反応の良さは何となくわかると思います。

あとは内臓音を出して音の良さを確かめたり、デモ曲を流してスピーカーの響きを確かめておけば試奏でチェックできることはだいたいカバーできると思います。

その他細かい疑問点は、店員さんに聞けば答えてもらえるでしょう。

あとは、ちゃんと部屋に設置できるかわからないので寸法のチェックはしておいた方が良いでしょう。

購入時チェックしておいた方が良い点

保険の有無

ピアノを買ったら、最低そのピアノとは10年のお付き合いになると考えていた方が良いです。結構長持ちします。

すぐ買い替える人もいますが、処分するにもお金がかかりますし、せっかく買ったのだから長く使ってほしいものです。

なので、購入するとき保険に入れるのであれば、あった方が後々助かると思います。
よく「子供が水をこぼして操作ボタンが反応しなくなった」、「ぶつけて傷がついた」という話は聞きます。

配送サービス

配送サービスは別途料金がかかることがほとんどです。同じピアノでも購入する店によってサービスはそれぞれなので、チェックしておいた方が良いと思いました。

付属品

「電子ピアノは買ったけど椅子が付いていなかった」という話も聞いたことがあります。買う前にチェックしておいた方が良いと思います。

だいたい10万円以上の電子ピアノは、椅子・楽譜・ヘッドホンがセットになってることが多いので大丈夫だと思いますが。

カタログに出てくる言葉で抑えておきたい言葉

カタログを見たところで「これどういう意味?」という専門用語も出てくると思います。

同時発音数

鍵盤を弾いた時、同時に出せる音の数。余韻の数も含みます。

上限に達すると、早く鳴らした音から順に消えてしまうので、聞いていると音が不自然に切れるので違和感があります。
ペダルを使って余韻を味わうような曲を演奏するとしたら、ちょっとムードは下がってしまいますよね。

ここで注意したいのは、同時発音数は単純に1鍵押したから1音というカウントにはなりません。

正しくは、1鍵押すと音はスピーカーから発音になるので、スピーカーの数だけ音が出ます。この時、音が出るスピーカーが2つだったら1鍵押して2音というカウントになるというわけですね。

さらに、両手合わせて1度に10音同時に弾けるから…最低でも128音ないと厳しいんじゃないかなという感想です。

ヘッドホンイコライザー

ヘッドホンを使用したときに、音質が選べたりいじれたりする機能。

エスケープメント機能

グランドピアノは、弱い力で鍵盤を押しこんだ時に鍵盤が下がる途中で、カクっとわずかな手ごたえを感じます。それを再現したもの。

音の出しっぱなしを抑えられるので、連打しやすくなるみたい。

※カワイ社では、これを〝レットオフフィール機能”と呼んでいます