楽器

ギター初心者は『Maton』が弾きやすくてオススメ!隠れた名品を見つけました

普段私は楽器屋でバイトしてるんですが、夏休みに入ると、
学生は帰省したり、世帯がある人はお墓参りで地元に帰ったっり…
皆さん予定があって、仕事は人手不足になってしまいがちですね。
うちもそうでした。

こういうとき
・普段何してるかわからない人
・家族も恋人もいなさそうな人
・休みの日1人でいそうな人
は大抵会社の餌食となります。
私もそうでした。

あいちゃん、どうせ暇だよね
リーダー
リーダー
占い師 あい
占い師 あい
何でそう決めつけるんですか
いや、◯◯君、明日休むっていうからさ…
リーダー
リーダー
占い師 あい
占い師 あい
いや、私だって明日はさ、親友が仕事クビになったっていうから一緒に仕事探しに田舎に帰ろうかと……
よろしく!
リーダー
リーダー

「………」

ウおおおォオ━━━━(◞≼◉ื≽◟ ;益;◞≼◉ื≽◟)━━━━━!!

こんなふうに、
私も一応占い会社に所属して鑑定しているんですが、
今月はロクに待機もせずバイトに明け暮れていました。

Maton社のギターの話

今回の記事の内容はいたって真面目です!

仕事中に出会った『MATON』という会社のギターの話。

MATON(メイトン)とは?
オーストラリアのギター会社。“メイトン”と読みます。
参考
http://acek-corp.com/archives/brands/matonguitars/history_of_maton
当時、オーストラリアにはギターの製造会社がなく、アメリカが主流だったギターの製造を、国内の材木を使用して高品質のギターを製造した功績が高く評価されてるみたいですね。

私は、ずっとこのブランドの存在を知りませんでした。

マトン?なんだそれ。Martinの間違いだろ。という印象。

そのギターは、バイト先の店にも1本だけあって、しかもMartinの中に埋もれてありました。

なので、ずっと「誰かが間違えてネームプレート作ったんだろ」くらいに考えていました。

それがある日…
いつものように試奏の為にギターのチューニングをしていると、

あいちゃん、そのギター知ってる?
リーダー
リーダー
占い師 あい
占い師 あい
Martinでしょ
MATONって書いてんじゃん
リーダー
リーダー
占い師 あい
占い師 あい
あ…本当だ。なんかカンガルーのマークついてるし!

(マジでMATONだったのか…)

そのギター凄く良いんだよ。
リーダー
リーダー
占い師 あい
占い師 あい
そうなんですか?全然聞いたことないブランドなんですけど。
ちょっと弾いてみてもいいよ。
リーダー
リーダー

今思うと、私はこの言葉を本当に有り難く思ってます。
先に言うと、私はそんなにギターを弾けません。
指が届かなかったり、弦を十分に押さえられなかったりで、キレイな音が出せない、というのが悩みです。
大抵弾くと弦がビビってしまいます。

弦が「ビビる」とは?
通常だときれいに揺れるはずの弦の振動が、フレットなどに下手にあたった結果「ビヨーン」「ギーン」といった、正しい鳴り方とは違う音が出る…みたいな雰囲気の事を言っています。

しかし、MATONは凄かった。

占い師 あい
占い師 あい
あれ??キレイに弾けるぞ?

めっちゃ弾きやすい!っていうか仕事以外でギター触ったの1年半ぶりくらいだったのに、こんなに正確な、こんなにクリアな音で1回も弦がビビらずに弾けるとは思ってもいませんでした。

いい感じで弾けるじゃない
リーダー
リーダー
占い師 あい
占い師 あい
いやー、ギターが良いからでしょうね!
そうだよwww
リーダー
リーダー

ギターにも遊ばれたなという感じはありましたが、そういうことです。
良い楽器は人を選ばないんだなと思いました。
誰が弾いてもキレイに弾けるんじゃないかなってくらい使いやすい。

弾きやすい理由ははっきりわかりませんが、
とにかくこのギターの特徴として
・ネックは太めなんですが、弦は押さえやすい。
・ボディは小さめなので、女の子でも弾きやすいと思います。
・ネック角度が急ではなく、なだらか。

音はオーストラリアの木材を使っているせいか、カラッとして乾いた感じがします。でもってアコギであるような金属っぽいシャリシャリした音ではなく、中音で、うるさく無い。とにかく倍音の広がりが素晴らしく耳に心地良く入ってきます。まあ個人的な意見です。

そして、これはアンプ搭載型のギターで(エレアコです)
アンプにつなぐと、これがまた別格の、生音と違った良い音が出ます\(゚∀゚)/

そして上手い人が弾くと演奏は格段に上手くて驚きです。
演奏者の弾きたいニーズにさらに応えてくれると思います!

ここで、ギターの紹介です。
今回私が弾いてみたのはこのギター。
MATON EBG808 Artist

紹介動画も見つけたので載せてみます。

よく「楽器奏者は楽器を選ぶな」自分の腕で勝負しろよみたいなことを事を言われたりしますが、そういうわけでも無いかもなと弾いてて思いました。
良い楽器に会って良い音を聴いて良い演奏法を楽器から学ぶ事もあるかもしれません!