マネー

iDeCo(イデコ)って何?どんなメリットがあるの?

iDeCoはどのような制度?

iDeCoは、確定拠出型の年金です。

すぐ手元にお金が入ってくるものではなく、公的年金とは別に用意された私的年金になります。

つまり、60歳までの間に掛け金を出し、60歳以降で受け取れる年金の制度なのです。

公的年金である国民年金や厚生年金と違う点は、
自分で掛け金を出し、そのお金で定期預金や投資信託、保険などの金融商品を選んで運用します。
その運用した資産を60歳以上で年金として受け取るという制度になります。

運用した資産が年金となることから、場合によっては掛け金を大きく上回る金額になる場合があります。
一方、元本を下回ってしまう可能性も考えられます。
つまり、自分自身が判断した内容により、将来受け取れる金額が大きく変動する要素を持った制度なのです。

iDeCoを利用するメリット

①掛け金のぶん所得控除される

iDeCoのメリットは掛け金が全額「所得控除」されるということです。

加入する人の年収や掛け金の月額に応じて、節税される金額は変わってきます。
年末調整や確定申告時に正しく申告することで、所得税・住民税が軽くなるのです。
特に自営業者の方では、大きな節税効果があるので、覚えておきましょう。

例えば、あなたの所得が300万円だった場合

例)所得 300万円 → 300万円を元に所得税が算出されます

iDeCoで積み立てを行っていた場合

所得 300万円から
iDeCoに投資した個人資金が差し引かれます。

いくらでもいいですが1か月1万円の場合
12(か月)×1(万円)で12万円差し引かれます。

よって
300万円-12万円=288万円 → 288万円を元に所得税が算出されます

つまり、計算される大本の金額が少なくなるので、その分節税できるということです。

正直、微々たるものかもしれません(;^_^A
こういうとこが「iDeCoが節税できない」と言われる所以なのかもしれません。

②運用利益に税金がかからない

通常、投資、FX、株などで得られた売却益や定期預金の利息などは、運用利益の約20%は税金がかかります。

ですが、このiDeCoで運用期間中に得られた利益には税金がかかりません
これは大きなメリットですよね。

iDeCoでは、非課税ですので利益はまるまる手元に残るようになります。
この利益はそのまま運用に回せることから、雪だるまのように資産を増やしていくことができるのがメリットなのです。

③受け取り時も節税できる

iDeCoは受け取るときにも節税面でメリットがあります。
iDeCoの受けとりは、一時金か年金、その両方という3つの方法を選ぶことができます。
その中で、一時金であれば「退職所得控除」、年金の場合「公的年金等控除」として所得税を安くできるというメリットがあるのです。

 

④5000円から始められる!

iDeCoは掛け金が5000円から資産運用が始められるのもメリットでしょう。
そして、運用する金融商品のコストが低いのもメリットだといえます。
掛け金を無理なく捻出し、効果的な運用ができるのが大きなメリットなのです。

⑤手間がかからない

口座さえ開設したら、あとはほったらかしでOKです。