マネー

自営業に有効なiDeCo(イデコ)!老後の資金対策に利用しよう

個人型確定拠出年金iDeCoは、私的年金制度として、近年大きく注目を浴びるようになってきました。

iDeCoの加入メリットは多く、老後の生活資金の上増し、現在や将来の節税対策といった面で、大きな価値を持つ制度となっています。

この制度は、20歳から60歳未満の方なら加入できる年金制度ですが、特に自営業者の方への恩恵は非常に大きなものがあります。

この制度のメリットは、自営業者が共通して持っている悩みである、
・節税対策
・老後の年金に対する不安
という、2つの大きな不安材料の解決策になるものなのです。

この記事では、自営業者にとって非常に有効な制度としてのiDeCoをご紹介します。

iDeCoが自営業者の武器になる根拠

iDeCoは3つの節税効果をもっています。

1.掛け金拠出時の控除
2.売却益、配当金、利息に対しての非課税
3.年金給付時の控除

この3つの効果は、一般の方にもついてきますが、自営業者の場合、その恩恵は非常に大きなものになります。

特に、掛け金の拠出時の所得控除は、非常にインパクトの大きなものになっています。
掛け金については、拠出者の状態によって、拠出可能額に違いがあります。
掛け金を一番多く拠出できるのは自営業者で、年間816,000円まで拠出することができます。
裏を返せば、その金額全額が所得控除されますので、非常に大きな節税効果を持っているのです。
この掛け金を付き68,000円まで拠出できるのが、自営業者の強みなのです。

また、iDeCoで積み立てした掛け金は『小規模企業共済等掛け金控除』に該当します。
このことから、自営業者の退職金制度と言われる小規模企業共済と同様に、全額が所得控除の対象となる仕組みになっています。

その節税効果は老後生活を送る上でもとてもありがたい制度設計だといえます。

 

国民年金基金との違いは?どのように利用すべき?

国民年金と別に国民年金基金という制度に自営業者は加入することができます。
この制度とiDeCoは同時に加入することが可能です。

ですが、拠出上限は、両方合わせて68,000円となります。
資産を大きくしたい場合は、iDeCoの利用がメリットが多くあるでしょう。

一方で、確実に資産が増えるという確証もなく元本割れして損をしてしまう可能性もあります。
損をしたくないような場合は、国民年金基金に加入するといいでしょう。

ただし、国民年金基金は、受け取り額が固定されています。
受け取り額を増やしていきたいような方は、国民年金基金は不向きといえます。

それぞれの制度の特性を理解したうえで、自分に合った制度を選択するといいかもしれませんね!